プロの修理業者が行う水漏れ検査

水漏れ修理するためには、まずどこでトラブルが起きているのか特定する必要があります。自分たちである程度場所を特定することも可能ですが、プロの修理業者にお願いしたほうがより正確に水のトラブル個所を確認できます。プロはどのような方法で水漏れの個所を特定しているかについてみていきます。

■音聴調査

水漏れが起きていると、漏水音が発生するはずです。修理業者は好感度音調棒や電子音聴器などを使って、漏水している個所を特定します。広範囲の漏水を探知できるような最新鋭の機械を使っているところもみられます。




■目視調査
含水率計を使うと、木材の中にどの程度の水分を含んでいるかを把握します。そのほかにもサーモグラフィーを使って住宅の内部の状況まで確認できます。また小型カメラを使って、人がなかなか入れない箇所の水漏れをチェックする手法を採用している業者もみられます。

■修理業者にお願いするメリット

修理業者に水漏れ個所を特定するメリットは、適切に問題のある個所を探せるところがメリットです。また集合住宅の場合、だれに責任があるのか客観的にはっきりさせることもできます。





■まとめ
自分である程度水漏れの個所を特定することも可能ですが、例えば建物の内部で問題が起きている場合、素人に正確に見つけるのは難しいかもしれません。上で紹介したようにプロの業者にお願いすれば、いろいろな専門機器を使って、どこが漏れているのかをチェックしてくれます。自分でわからないのであれば、業者に依頼することです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ