水漏れ修理の前にチェックする方法は?

水漏れが起きているのであれば、修理業者を呼んで水道 工事をお願いするのが一般的です。しかしどこで問題が起きているのか把握するまで、プロの修理業者でもある程度の時間がかかります。もし自分であらかじめだいたいの個所を把握できていれば、それを指摘し、早めに問題を解決することも可能です。では具体的に水漏れ個所を特定する方法についてみていきます。

■目で見て確認できる場合がある

実は目で見てその異変を確認できる場合もあります。例えば、自宅の中で水の垂れているようなシミが起きている個所はないですか?また土の中に水がしみだしている場合、敷地内の特定の個所に湿気を感じる、水たまりができているようなケースも考えられます。最近一般家庭でもウォーターサーバーを導入しているところも多いです。このサーバーの接続部分で水漏れの発生していることも多いですからチェックしておきましょう。

■異音の発生している個所はないか?
蛇口や壁に耳を当ててみましょう。水漏れが発生していると、水の流れているような音のすることがあります。そうすると、その近辺で漏れが起きていると特定できます。

■図面を見てチェックしてみよう

特に築年数の経過している古い建物の場合、配水管の劣化が原因の可能性があります。図面を見て、どの配水管を交換していないか、劣化が進んでいそうかをチェックしてみるのも一考です。




■まとめ
素人が正確に水漏れの個所を特定するのは、確かに難しいかもしれません。しかし上で紹介した自己点検をすれば、ある程度範囲は絞り込めます。早く修理をしたければ、上で紹介したセルフチェックを実施してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ